音楽

2018年マイ・ベスト・アルバム(邦楽編)

// 毎年恒例、一年の音楽を総括する時期が来た。 各メディアやとてもつよい音楽マニアたち(褒め言葉)のブログを参照すればいくらでも「2018アルバム・ランキング」なんて記事は出てくるけれど、自分には月に何枚もアルバムを買う資金はないし、仮に「ベス…

くるり『THE WORLD IS MINE』(2002)

// くるり『THE WORLD IS MINE』は前作『TEAM ROCK』から約1年1ヶ月ぶりとなる4thアルバムである。 以下、1曲ずつ感想を。 1.GUILTY ちょっと低めの心電図の音のような電子音を刻みつつ、ゆったりとアコギを中心に流れていく。しかし、途中で曲調は一変し、…

くるり『TEAM ROCK』(2001)

// ついに雪が積もった。とても寒い。これからどうやって生きていけばいいんだろう、そうだ、音楽を聴こう!ということで『TEAM ROCK』はくるりの3枚目、前作『図鑑』から約1年ぶりのアルバムである。 ところで、くるりからは「冬」や「雪」、「冷たい空気…

くるり『図鑑』(2000)

// 『図鑑』は1stアルバムの『さよならストレンジャー』以来9ヶ月ぶりに発売された、くるりの2ndアルバムである。 以下、1曲ずつ感想を。 1.イントロ インスト曲。『さよならストレンジャー』に収録された「虹」のイントロがかかったと思うと高速でテープが…

くるり『さよならストレンジャー』(1999)

// 『さよならストレンジャー』はくるりのファーストアルバムで、1999年に発売された。 以下、1曲ずつ感想を。 1.ランチ ミディアムテンポのしっとりした曲。ファーストアルバムの1曲目にこういう曲を持ってくる感じが、くるりのどことなく老成された雰囲気…